佐々木*2015ハワイツアー

ALOHA!
インストラクターの佐々木遼子です。

2016年がスタートし、レッスンも始まりましたね。
せっかくフラという素敵な習い事をしているので、何か目標をもって楽しむといいですよね。
そうしていると気が付けば5年10年と続いていて…。
特にイベントに出演すると目標が立てやすいと思います。
様々なイベントがありますが、やはり2年に1度のホイケはビッグイベント!
昨年はハワイ島がテーマでした。

今回は、昨年6月に参加したハワイ島を巡るハラウツアーの様子をご紹介したいと思います。

旅の始まりは2015年6月10日深夜。
美奈子先生とハラウツアー参加者11名は、城先生の待つホノルルに向けて日本を出発。
今回は、城先生、美奈子先生が航空券の手配、ホテル予約、
現地でのレンタカー手配から運転まで、ツアーを企画して下さいました。


<ハワイ島ツアー1日目>

ホノルル到着後、空港で城先生がお出迎え下さり、
国内線に乗り換え、ハワイ島コナを目指します。
城先生がハワイの島々が見える座席を予約してくださいました。
モロカイ島、ラナイ島、カホオラヴェ島、マウイ島を横目に1時間ほどのフライトの末、
ハワイ島西側のコナに到着。
こう見ると、本当にハワイ島は大きい!まさにビッグアイランドです。

城先生と美奈子先生が運転する車2台に、トランクを詰め込みいざホテルへ。
青い海、黒い台地、建物はまばらで、
ハワイ諸島の中で最も新しい島ということを感じさせてくれました。

ホテルに到着後、希望者はマウナケア山星空ツアーに参加。
標高2000メートル付近のビューポイントに着いたものの、
あいにくの曇り空で星は数えるほどしか見えず・・・。

自然現象なのだから仕方ないとは思っていても落胆を隠せないメンバー。

しばらくねばっていると、徐々に空の一部から星が瞬き、
どんどん増えていって、気が付けばどこもかしこも星に覆われていました。
そして天の川まで!

星座の話を聞いたり、ヨガマットの上で寝転がりながら星を見上げたり、
望遠鏡で土星を見たり、温かいココアを頂いたり・・・。

下山してホテルに到着したのは深夜でしたが、
1日目から非日常を体験し、フワフワした気持ちで眠りに就きました。

20160115_1.jpg


<ハワイ島ツアー2日目>

今日はコナから北側のルートを通り、東側のヒロを目指します。

まずは徒歩でフリヘエ宮殿へ。
門を入ろうとしたところ、なんとキングカメハメハデーのため、休館との看板が!
中に入りたかった~と悔しがるメンバー。海をバックに緑の屋根が特徴的な
フリヘエ宮殿の中の美しさを想像しながら、門の外から眺めるのでした。

20160115_2.jpg

車中では、美奈子先生がホイケで踊る曲も含めたハワイ島ソングをかけて下さり、
この曲好き~♪踊りたい、と盛り上がりました。
まず到着したのが、カヴァイハエを少し過ぎた辺りに突如現れるプウコホラ ヘイアウ
ヘイアウとは神殿という意味で、かつてカメハメハ1世が、
カフナ(神官)からの助言を受けて建造し、戦いの神を奉った場所です。
それにしてもこれだけたくさんの石を運ぶのに一体どのくらいかかったのだろう、
と思わずにはいられないほどの重厚感がありました。

20160115_3.jpg

北端に向けて車を走らせていると、カメハメハ像を発見。
それも両手にはレイが何重にも!
そう、この日はキングカメハメハデー。
フリヘエ宮殿では悔しい思いをしましたが、ここで挽回できたような、
なかなかお目にかかれないカメハメハ像でした。

20160115_4.jpg

続いて、でこぼこの山道を登り木々を抜けると、
眼下にポロルー渓谷を見渡せる絶景のビューポイントに到着。
紺碧の海と緑の崖が車から降りた私たちを出迎えてくれました。

20160115_5.jpg

ポロルー渓谷から南下してワイメアを走ると、牛や馬の放牧地帯へ。
個人所有の牧場では世界一の広さを誇るパーカー牧場と言うだけあって、
緑の生い茂る草原にのびのびと育つ牛や馬の姿がありました。
町でサンドイッチをテイクアウトし、車内で食べながら次の目的地、
ワイピオ渓谷を目指します。途中天気が急変し黒い雲や霧が発生し大雨に。
これも天気の変わりやすいハワイ島ならではの光景と思いワイピオに着くと、
雨は上がり、神々しい渓谷が眼下に広がりました。
王家の谷の名にふさわしい、壮大な景色でした。

20160115_6.jpg

続いてはアカカフォールズへ。
整備されたトレッキングルートを歩くこと20分ほどでアカカフォールズを目の前に臨むビューポイントへ。
緑生い茂る中でまっすぐに落下するアカカフォールズを眺めながら、
マイナスイオンをたっぷり吸収し癒された私たち。
有名な曲もこの景色からうまれたのだな~と感慨深い気持ちになりました。
20160115_7.jpg

そして、ヒロのホテルに到着。翌日は早朝レッスン♪


<ハワイ島ツアー3日目>

5時半にホテルの庭で早朝レッスン。
これから朝日が昇るという時間、朝露に濡れた芝生を素足で歩くとひんやり気持ちいい感触。
目の前には悠々としたマウナケア山。空気が澄んでいるので、
山頂の天体望遠鏡までくっきり見えました。

山を指すと目の前のマウナケア山があり、見上げるとヤシの木が揺れている、
贅沢な手のベーシックをした後、美奈子先生からE Huli Makouを教わりました。

20160115_8.jpg

早朝レッスン後の空腹を満たすために、全員で近くのレストランへ。
ボリュームたっぷりの朝食に大満足。早朝レッスンでテンションが上がったためか、
ひと昔前の決めポーズで写真を撮るのがブームに。

20160115_9.jpg

20160115_10.jpg

20160115_11.jpg

朝食後、いよいよ本日のメインスポット、キラウエア火山へ。
車を降りて少し歩くと目の前に大きなクレーターが。
ハレマウマウ火口からは煙が上がり、あまりの大きさに地球のエネルギーを肌で感じました。
トーマスジャガー博物館前で火口を見ていたところ、城先生が「コアエよ!」と仰いました。
コアエは真っ白な鳥で、ペレの使いと言われています。
コアエにはなかなか出会うことができないと言われているのに、
その時は2羽も火口付近に飛んでいるのを見ることができました。

城先生は以前火口でペレに祈りを捧げた時にも頭上をコアエが何度も旋回したそうです。
美奈子先生も以前コアエを見たことがあり、お二人と一緒に来られたので、
私たちも出会えたのだと感激しました。

20160115_12.jpg

黒光りする溶岩台地に咲く無数のレフアの花がハワイ島にいることを実感させてくれます。
溶岩を踏みしめると、パリパリと音が鳴り、その模様は流れる溶岩の跡をくっきりと残していました

20160115_13.jpg

溶岩台地から真っ青な海が見えてきました。そこは断崖になっていて、
波しぶきが崖に打ち当たって砕ける様が繰り返されていました。
城先生が’ehu kaiの表現はこの様子のことと教えてくださいました。

キラウエア火山を後にし、プナルウ海岸へ。
別名ブラックサンドビーチとも呼ばれ、溶岩が砕けてできた真っ黒な砂浜で、
ウミガメの産卵場所としても有名です。

20160115_14.jpg

そして本日の最終目的地、カラエ岬へ。
別名サウスポイントとも呼ばれ、ハワイ最南端であることはもちろん、アメリカ最南端のポイントです。
日が沈み始めたその場所は、夕日が海をキラキラと輝かせ、マウナロア山を雲で覆う静かな場所でした。

20160115_15.jpg

カラエ岬からコナに戻り、ハワイ島を丸2日かけてぐるりと一周しました。

城先生と美奈子先生には、こんなに感動的なハワイ旅を体験させていただき、
感謝してもしきれないほどでした。


<ハワイ島ツアー4日目>

朝目覚めると、ホテルからフアラライ山が見えました。
フアラライ山は恥ずかしがり屋と言われるほど雲に隠れていることが多い山です。

20160115_16.jpg


来た時と同じ道を通ってコナ空港へ。
ハワイ島を一周したことで、来たときには分からなかった地名を知り、
また、山や海を見て感じるものにも変化がありました。

ハワイ島のパワーをたくさんいただいた旅。

そしてまたハワイでたくさんの発見ができるように、フラを続けていきたいと思いました。


※美奈子先生、高倉さん、菅谷さん、中条さんが撮影した写真を使用させていただきました。
ありがとうございました。

塙*オアフ島旅行記

初めましての方も、お久しぶりですの方も、いつもどーもの方も、こんにちは!
塙です(*´∀`)

発表会も無事に終わり、ホッとしたのもつかの間、
今度は楽しい♪楽しいオラパパーティーに向け、
皆さん一生懸命取り組んでいることと思います
私も新曲を覚えるのに、毎日頑張って練習しています

さてそんな中、先日、アウアナで同じクラスの仲間の結婚式に列席する為、
ハワイはオアフ島に行って参りました‼

久々のオアフ島滞在だったのですが、やっぱり……………………………


た・の・し・いーー


朝早くホノルル空港に到着!
ホテルチェックインまで少し時間があったので、まずはワイキキをブラブラ
まずはクヒオビーチに佇む、『デューク パオア カハナモク』像にご挨拶を。
IMG_20131027_201641.jpg

そういえばこの人は誰??という方の為にご説明を。
彼は、ハワイアンで初めて五輪に出場した偉大なアスリートです。
1912年 ストックホルム五輪100M自由形 金メダル
1920年 アントワープ五輪100M自由形 金メダル
1924年 パリ五輪100M自由形 銀メダル

選手を引退してからも彼は、偉大なる海洋民族のハワイアン文化、
サーフィンを世界に広める為、尽力しました。
彼がいたから今のサーフィン界があるのですね

私は泳ぎが下手っぴです。サーフィンも長年していましたが下手っぴです。
そんな私にとって彼はもう『神』です(笑)
皆さんもワイキキを訪れた際は、『神』と思って挨拶してみてはいかがでしょう。

そしてその日に結婚式に出席!
dressback.jpg

式の後のパーティー会場から見える夕日がまた素敵でうっとり
sunset.jpg

涙あり、笑いあり、感動あり、盛りだくさんで、
胸がイッパイになる本当に良い結婚式でした。
あの場に居れたこと、幸せです

素晴らしい式の次の日は、生花のレイ作りにチャレンジ!!
leiheart.jpg

Tuberose、Plumeria、Ilimaの花を順番に通していきます。
細長い白い花がTuberoseですが、これがまぁ芳しい甘い香りを放っていて、
癒されながら幸せになりました。
やっぱりお花のパワーは凄い


そして最終日は、オアフ島の東側、コオラウ山脈を抜けて、
カイルアの街に、足を運びました!
ここには天国の海という名の『ラニカイ』ビーチがあります🎵
残念ながらこの日は雲っていたのですが、
それでもこの絵画の様な風景!凄いぞっ‼
lanikai.jpg

ビーチ周辺には沢山の豪邸が建ち並んでいるのですが、
いちいち可愛くてお洒落
puameria.jpg
honu.jpg


そしてここでは美味しい朝ごはんも食べました
有名な『Boots&Kimo's』
IMG_20131027_221950.jpg
pancake.jpg
omulet.jpg

このパンケーキ見た目によらず、
甘くないっ!重くないっ!モッチモチ!美味っ!
オムレツも沢山種類があるので、みんなでシェアすると色々楽しめます
このマカダミアナッツソースのパンケーキにライスをつけるという、
ファンタスティックな食べ合わせをするLOCOにも会えるこのお店、
ヤミツキです


その他にも、

lenas.jpg
マラサダ食べたり…

asai.jpg
アサイーボウル食べたり…

ベタな事を沢山した今回のハワイ旅行、最高に楽しかったです


楽し過ぎて変なテンションになり、ハロウィンも近いということもあり、
最終日の夜は、仮面舞踏会!的なプチコスプレしました
1382885640727.jpg

ハワイは人を陽気にさせる良い土地ですね
皆さんはどんなハワイ滞在が好きですか?
今度、皆さんのハワイ旅行紀、聞かせて下さい

では、素敵なハロウィンを
IMG_20130215_221707(1).jpg

吉田*マウイツアー!

ALOHA
吉田です。

GWもあっという間に終わりましたが、皆さんリフレッシュできましたか?

ブログでは美奈子先生がマウイツアーについて書いてくださっていますが
私もそのツアーに参加した一人
内容が重なってしまうかもしれませんが、私もマウイツアーを振り返ろうと思います!

ツアーにいくにあたって、皆でまわる場所についていろいろ調べました
調べていくとどんどんはまってしまうんです

マウイツアーで出会ったいろいろを、今回調べた伝説を交えながら
少しだけ紹介したいと思います。(※伝説は諸説あります。)

①虹

成田空港からホノルル空港について、さっそく私たちを出迎えてくれた虹!
サトウキビ列車や車の中でも、何度か見ることができました

P1040502.jpg
ホノルル空港での虹

P1040524.jpg
サトウキビ列車での虹

P1040540.jpg
車から見えたワイルクの虹

ハワイでは昔、虹がなかったそう。

そこで、メネフネたちはキレイな虹(アヌエヌエ)を作ろうと
いろんな材料を集めたそうです。

・山や谷から緑の葉
・近くの村から黄色いバナナ
・宮殿から王家の赤い羽根
・オレンジ色のイリマの花
・海から青い水

そして最後に、女王様のパープルのドレスを拝借して虹の色を揃え、
弓矢の先端に塗って雲に打ち込みました。

それ以来、雨上がりの空には、キレイな虹の橋が見えるようになっというのが、
ハワイの「メネフネ伝説」です。

そうなんです、ハワイの虹は6色なんだそうです。

オレンジがイリマの花からきている、というのがハワイっぽいですよね


②ハレアカラ

マウイ島は、唯一神の名前が島名となった島です。

半神マウイが母ヒナのカパ作りをより効率的にするために
太陽をロープでつかまえ、日照時間を長くした
という伝説があります。
その舞台となるのが、この「ハレアカラ」です。

手のベーシック1番に出てくるので皆さん、「太陽の家」という意味は
すぐわかりますよね!

ハレアカラ・クレーターのなかには、昔、島の偉いアリイ(首長)の骨が
祀られたという場所や、生まれた赤ちゃんのへその緒を供えて祈る場所も
あるそうで、マウイのなかでもとても神聖な場所だそうです。

P1040621.jpg
神聖なハレアカラ・クレーター

今回はハレアカラからの日の出を見るために夜明け前に出発。
山頂まで車で上がるのですが、まだまだ真っ暗な空に星が360度いっぱに見えました☆彡
想像以上の寒さだったけど、天気にも恵まれて素晴らしいサンライズでした

P1040605.jpg
ハレアカラのサンライズ

③ラハイナ

昔、捕鯨船の基地としてラハイナが栄えた頃、
海できれいなハワイアンの女性の誘い言葉に乗っていったら
人食い人魚の餌になってしまうという伝説があったそうです

マウイソングにもある「カナナカ」がその人魚のことです。

昔の港町としての情緒と現代的なリゾートの雰囲気が合わさって
とっても魅力的な街でした。
なんだかそんな伝説がうまれたのもわかります。

ぷらぷら散策したあと、サンセットを見ながらの夕食

P1040695.jpg
ラハイナの町並み。夕食。

そしてホエールウォッチングに最適な時期ということもあって…
初めてクジラを見ることもできました。

P1040560.jpg
クジラの出没待ち


今回のツアーでは他にもいろんな場所にいけました。
もちろん発表会で踊るマウイソングに出てくる場所にも!

スタジオに貼ってある写真や曲の説明をぜひ見てもらいたいです。
皆でマウイを感じながら発表会に向けて頑張りましょうね~

2013マウイツアー*2

Aloha!
GWが始りましたね
今日の天気はイマイチですが、GW中は晴天らしいので嬉しいですね


新宿・金町スタジオには、今年の発表会のテーマでもある
マウイ島とレッスン曲の場所や豆知識、写真が見れる
素敵なMAPと曲紹介を張り出しました

407087_511008975627473_874686551_n.jpg
50近くのたくさんの曲の詳細、写真によってできた素敵なファイル!
美奈子先生・インストラクターの皆で調べて作りました

リハーサルの日には新宿のものをもっていく予定なので、
大きいのが見れないスタジオの方もリハーサルでは見れますのでお楽しみに


そしてすっかり更新が遅くなってしまいました、マウイツアー2日目ブログ
更新が遅れた犯人は高月です

↓↓ではでは美奈子先生が書いてくれた2日目ブログは写真たっぷり


マウイツアー2日目です!

この日は今回ツアーのお楽しみの1つ
Haleakalaのサンライズです

朝5時ロビーへ集合
みんな眠たい目をこすりながら

いざ出発
まだ外は真っ暗。
ホテルから1時間半くらいかけて頂上まで上ります

真っ暗な空に星がびっくりするくらいたくさん
星ってこんなにあるの?という位、隙間なく...という感じでした

頂上は寒いと聞いていたけど・・・
寒い

am6:20 頂上到着
ハレアカラ (3)
雲が下に見え、なんとも幻想的な図・・・

am6:46
ハレアカラ (12)
どきどきしながら。あと少し^^

am6:50
ハレアカラ (18)
感動・・・
そこの場所の方なのか、誰かがなんとCHANTを唱えてくれました・・・
すごい鳥肌の立つ思い。
涙が出そうと、みんなで感動しながら朝日を見ていました

*朝日をバックに
ハレアカラ (23)
ハレアカラは別名『太陽の家』
「ハレ」と「ラー」のモーションで


無事朝日を見れて大感激の私たちは、
バスに乗りホテルへ朝食を食べに帰ります

*下山途中の景色
ハレアカラ (25)
とてもきれい


*バスの前で
ハレアカラ (27)


ハレアカラ (31)
左端手前に見える三日月形はモロキニ島(見えにくいですが・・・)
奥はカホウラヴェ島



朝食を食べおなかをいっぱいにした後は、場所めぐりへ


有名なイアオ渓谷へ向かいます
 マウイ島のこと
 地名についてや歴史など
 そして木々のこと
 ・・・など、
ガイドさんの説明を聞きながら、道中楽しく向かいます


イアオ渓谷到着

駐車場にククイの木を発見

*見えますか?ククイの実
ククイ (2)

*ククイの花も
ククイの花
落ちていたらぜひ持ち帰り皆さんにお見せしたいところでしたが
ぜんぜん落ちていなく


イアオニードル到着
Iao 渓谷 (3)
前に来たときは雲がかかっていたのですが、
今日はとてもいい天気とのことで、頂まではっきり見えました♪


*みんなで集合写真
Iao 渓谷 (8)
自然と表現を
高さと形を表現


バスの中は今回ホイケで踊る曲を集めたCDを聞き
[これはどのクラスが踊る曲だよ~♪][まだ知らなかった自分が踊る曲なんだ!]
・・・などと話をしながら、ガイドさんのお話も交えて・・・

そして今回参加の方に、ホイケで踊る曲に出てくる場所を調べてきて
ガイドをするということで、地図・資料を片手に景色を見ながら
道中を楽しむ私たち
と思ったら朝早かったからか寝ている方も


Waikapu地域で
『右を見て♪カメハメハ大王が寝ている顔を言われています』とガイドさん
Waikapu カメハメハ大王の寝てる顔
言われてみれば見える


そして向かうはキヘイ地方へ

リゾート地で有名なキヘイ
右手は海・左手はリゾート地な中、美味しそうなものを発見

*フリフリチキン
フリフリチキン
道路で屋台で売っています
結構ボリュームもありおいしかった



夜はルアウショーを見に行きました
ルアウショーはハワイ王朝の「宴」を再現したもので、
フラダンスやポリネシアンダンスを食事と共に見るショー。
Luau.jpg
Luau ショー (11)
Luau ショー (16)
Luau ショー (14)
Luau ショー (19)


そして土中に作られたかまどで丸ごとの豚を蒸し焼きする料理が名物で
踊りの前の最初のショートして土中から掘り出す場面を
シャッターチャンスをと・・
※豚の形が見えるので、苦手な方はご注意を・・・
Luau 豚
微妙ですが写真を一枚

ハワイアンフードを食べながら、海の景色をみて
そしてハワイアン・タヒチアンを見る・・・
楽しかったし踊りたくなりました



長かった2日目も終わり、
3日目は早朝レッスンです

でも今夜はホテルで夜飲み食いをするために
帰りはスーパーによって

朝7時に寝坊しないように
ホテルで飲んで食べて話もしながら
そして踊りも練習しながら寝たのでした

2013マウイツアー*1日目

Aloha

2月22日から2月27日
4泊6日でハラウ第2弾マウイ島ツアーへ行って参りました

9月に行なわれるHo'ikeのテーマがマウイ島の為、
曲に出てくる場所を巡ります

事前にそれぞれHo'ikeで自分が踊る曲に出てくる場所を
リサーチをして、ツアーの中でガイドすることにしました
調べるまでは大変でしたが、調べ始めるとどっぷりはまり楽しかったです

今回は場所巡りの他にも、ハレアカラの頂上から見る朝日(2日目)や、
この時期やってくるザトウクジラを見るのも楽しみでした

せっかくなので少しマウイ島についてお話します。

 マウイ島は渓谷の島と言われ、ハワイ諸島では2番目に大きな島、
 大阪府と同じ面積だそうです

 今はオアフ島ホノルルが首都ですが、その昔マウイ島ラハイナが首都でした。

 18世紀ハワイ諸島を統一したカメハメハ大王が王朝の拠点とし、
 マウイ島、モロカイ島、ラナイ島、カホオラウェ島の4島で構成されるマウイ郡の中心で、
 その9割がマウイ島に集中し、人口はオアフ島、ハワイ島につぎ、
 州内3番目に多いのです。

 もともとマウイ島は北西側のプウ・ククイ山のある島と、
 南東側のハレアカラ山の2つの島でしたが、
 ハレアカラ火山の噴火により流れ出た溶岩でつながり現在の形になりました。

 その形は女性の上半身に形容され、
 そしてその地形から「渓谷の島」と呼ばれるのです
 実際に地図を見るとそのように見えてきますね


maui_top.jpg
この地図は拡大して、地名、曲名などを書き入れスタジオに掲載したいと思います



さてさてそんな前置きをしつつ・・・マウイ島ツアーの始まりです

ホノルル到着後、すぐマウイ島カフルイへ向かう私たちを・・・虹のお出迎え

DSC_1877.jpg
こちらはFacebookにも載せましたね

カフルイ空港へつきホテルへいったん移動してから、
ラハイナから出発のサトウキビ列車に乗ることに
P1010810.jpg

頭には♪Ka'a Ahi Kahuluiが流れつつ
ラハイナの山側を見ると虹が
P1010813.jpg

海側を見ると素敵な景色です
海の向こうにラナイ島もみえています
P1010819.jpg

ハワイアンソングも流れ、素敵な景色を見ながらいい気分
P1010816.jpg

そして、機体から蒸気を噴出し虹が出るという演出も
P1010821.jpg

片道30分の旅もあっという間に終わってしまいました!
日差しも強く焼けてしまった私


車に乗りホテル近くのショッピングモールへ
途中クジラが見えるポイント地点でよく見ると・・・
なんとーーークジラの潮吹きが見えました
P1010831.jpg
みんな大興奮



1日目から感動と興奮満載のマウイツアー
2日目は朝5時集合でハレアカラの朝日を見に行きます


というわけで1日目はこの辺で

Malalo!