吉田*マウイツアー!

ALOHA
吉田です。

GWもあっという間に終わりましたが、皆さんリフレッシュできましたか?

ブログでは美奈子先生がマウイツアーについて書いてくださっていますが
私もそのツアーに参加した一人
内容が重なってしまうかもしれませんが、私もマウイツアーを振り返ろうと思います!

ツアーにいくにあたって、皆でまわる場所についていろいろ調べました
調べていくとどんどんはまってしまうんです

マウイツアーで出会ったいろいろを、今回調べた伝説を交えながら
少しだけ紹介したいと思います。(※伝説は諸説あります。)

①虹

成田空港からホノルル空港について、さっそく私たちを出迎えてくれた虹!
サトウキビ列車や車の中でも、何度か見ることができました

P1040502.jpg
ホノルル空港での虹

P1040524.jpg
サトウキビ列車での虹

P1040540.jpg
車から見えたワイルクの虹

ハワイでは昔、虹がなかったそう。

そこで、メネフネたちはキレイな虹(アヌエヌエ)を作ろうと
いろんな材料を集めたそうです。

・山や谷から緑の葉
・近くの村から黄色いバナナ
・宮殿から王家の赤い羽根
・オレンジ色のイリマの花
・海から青い水

そして最後に、女王様のパープルのドレスを拝借して虹の色を揃え、
弓矢の先端に塗って雲に打ち込みました。

それ以来、雨上がりの空には、キレイな虹の橋が見えるようになっというのが、
ハワイの「メネフネ伝説」です。

そうなんです、ハワイの虹は6色なんだそうです。

オレンジがイリマの花からきている、というのがハワイっぽいですよね


②ハレアカラ

マウイ島は、唯一神の名前が島名となった島です。

半神マウイが母ヒナのカパ作りをより効率的にするために
太陽をロープでつかまえ、日照時間を長くした
という伝説があります。
その舞台となるのが、この「ハレアカラ」です。

手のベーシック1番に出てくるので皆さん、「太陽の家」という意味は
すぐわかりますよね!

ハレアカラ・クレーターのなかには、昔、島の偉いアリイ(首長)の骨が
祀られたという場所や、生まれた赤ちゃんのへその緒を供えて祈る場所も
あるそうで、マウイのなかでもとても神聖な場所だそうです。

P1040621.jpg
神聖なハレアカラ・クレーター

今回はハレアカラからの日の出を見るために夜明け前に出発。
山頂まで車で上がるのですが、まだまだ真っ暗な空に星が360度いっぱに見えました☆彡
想像以上の寒さだったけど、天気にも恵まれて素晴らしいサンライズでした

P1040605.jpg
ハレアカラのサンライズ

③ラハイナ

昔、捕鯨船の基地としてラハイナが栄えた頃、
海できれいなハワイアンの女性の誘い言葉に乗っていったら
人食い人魚の餌になってしまうという伝説があったそうです

マウイソングにもある「カナナカ」がその人魚のことです。

昔の港町としての情緒と現代的なリゾートの雰囲気が合わさって
とっても魅力的な街でした。
なんだかそんな伝説がうまれたのもわかります。

ぷらぷら散策したあと、サンセットを見ながらの夕食

P1040695.jpg
ラハイナの町並み。夕食。

そしてホエールウォッチングに最適な時期ということもあって…
初めてクジラを見ることもできました。

P1040560.jpg
クジラの出没待ち


今回のツアーでは他にもいろんな場所にいけました。
もちろん発表会で踊るマウイソングに出てくる場所にも!

スタジオに貼ってある写真や曲の説明をぜひ見てもらいたいです。
皆でマウイを感じながら発表会に向けて頑張りましょうね~